遊戯王カードを投資先としてまじめに考察してみた

遊戯王カードは投資適格がある

最近、遊戯王カードが高騰しています。

遊戯王カードは1999年に発売され、現在はそれから約20年経ちました。

ジャンプの付録の全員応募サービスで貰えるパックがあるのですが、そのパックの未開封のものが、現在1パック1万円以上で取引されています。

当時パックの購入にかかる費用は合計で約500円程度だったので、20年で値段が20倍以上に高騰しています。仮に当時100万円分のこのパックを買い占めていたら現在2000万以上の価値です。

ここまで値段があがると、遊戯王カードは十分に投資対象と言っていいでしょう。

当時は小学生低学年だったので投資という発想もなくこのチャンスを見逃してしまいましたが、今後はちゃんと投資対象として見る必要があるでしょう。

下がるカードもある

ただ、全てのカードが高騰したかというとそんな事はありません。初期に人気だった「強いカード」(例えば聖なるバリアミラーフォース)などは発売直後が一番高騰していて、今では新しいカードが強くなったり、制限カードになったりして値段が安くなっています。

今後遊戯王カードに投資するとしたら、闇雲に投資するのではなく、どういうカードが高騰するかを見極めなければいけません。

約20年遊戯王カードを所持していた僕として、どういったカードに投資価値があったかの見解を述べます。

投資価値のあるカード

1.かっこいいカード

まず第一に「強いカード」ではなく「かっこいいカード」です。「暗黒騎士ガイア」の初期カードなど、効果もない雑魚カードなのですが、イラストは非常にかっこいいので現在2000円程度の値段がつく事があります。当時は200円程度で売買されていました。

これは他のカードとは違う性質です。例えば、マジックザギャザリングでは強いカードのみが高騰します。

マジックザギャザリングの古いカードにはゲームバランスを壊すような強いカードがあり、禁止されずに使える環境があります。また、マジックザギャザリングではカード価値の下落を防ぐために再販を厳しく制限するバランス設計もしているため、強いカードの希少度が下がる事がなく非常に高騰しています。普通のパックであたるカードが現在20万円以上で取引されていたりします。

一方で遊戯王の強いカードは禁止カードになったり、再録されたり、エラッタ(強すぎるカードの効果を訂正)されたりします。

なので、遊戯王は「強いカード」より「かっこいいカード」が狙いめです。

2.限定カード

当然ですが、数量が限定されているカードは値段が上がり易いです。

また、傷がついたり、紛失したりでどんどん市場に出回る数が減るので、価値が下がる事はあまりないです。

限定カードなどは仕入れた原価を割る事はあまりないためリスクが低く、奇麗な状態で保存しておけば利益を生む可能性が高いです。

3.世界に1桁程度の枚数しか無いカード

今思えばこれは非常に狙いめでした。「カオスソルジャー」という世界に一枚のカードが300万円で売りにだされていた事があったのですが、今当時に戻れるなら絶対買いです。

なぜなら、使いようになっては世界に数枚しかないカードは利子を生む可能性があるためです。

例えば、カードショップがこのカードを店頭に掲示したとしましょう。そうすると、世界に一枚のカードが置いてあるお店という事で見に来る人が増え、集客に利用する事ができます。

また、Youtuberなどがこのカードを持っていたとしたら、世界に一枚のカードというコンテンツを使って他には誰もできない企画を打ち出す事ができます。

世界に数枚しか無いレベルで貴重なカードは、美術館の美術品のような物で、活用の方法次第では持っているだけで利益を生むのです。

また、当然カード自体の価格も遊戯王の知名度の上昇とともに高騰していきます。

なので、カオスソルジャーのようなカードは、インカムゲイン(利子利益)もキャピタルゲイン(資産価格の高騰)も狙える希少なカードという事ができます。

遊戯王ならではの投資先としての優位性

そもそも遊戯王カードが他の投資先よりすぐれている理由があるので、その説明もします。

1.投資先としてみる大人が少なく競争相手が少ない

遊戯王は子供がメインの娯楽なので、大人が本気で投資対象として扱う事は少ないです。そのため、競争が発生しづらくいいものを安く仕入れ易いという性質があります。

2.グラム単価が高い

紙1枚で数十万円に達することもあるため、在庫として保管するのに場所を取りません。また、奇麗に梱包しておけば汚れる事もなく、建物や車といった他の物理的な資産と違い、数十年単位で保管しても管理コストがかかりません。

3.美品の希少価値が高まり易い

遊戯王カードのユーザーはメインが子供なので、本気で良い状態で保管する人よりも、すぐに状態を悪くさせてしまう人の方が圧倒的に多いです。なので、美品はすぐに希少度が高まって行きます。

まとめ

遊戯王カードは基本的にはインカムゲインを生まないものの、投資対象として十分な価値があるでしょう。

とはいえ、子供のゲームなので大人が本気で介入しすぎるのも野暮なので、程々に投資してみてはいかがでしょうか。